ARTICLE

ARTICLE · 30日 3月 2019
SDGs やパリ協定の達成に向けた企業の事業戦略は、国際的な社会課題として急務とされています。 企業は持続可能な社会の実現のために、SDGsが掲げる環境、人権、教育、ジェンター、エネルギーといった17の課題解決へ積極的に取り組むことが求められ、またその実施にあたりガイドラインも明確化されています。 SDGsに基づいた事業戦略は企業の社会的意義、成長の持続性などを測る尺度として重要視されるだけでなく社会的信用やESG投資※など、事業運営に大きく影響を及ぼすとされ、その重要性は日々大きくなっています。