· 

おうえんフェス2019にて、SDGsムーブメントを起こす女性たちの応援ブースをプロデュース

Kai Today合同会社(所在地:東京都墨田区/CEO:髙梨 美佳 以下、Kai Today)は、「社会と地球環境の調和を保つために・・・小さくても、今自分ができることの可能性を信じる」をスローガンに、日々変化する現代社会や生命・自然環境のなかで、幸せに生きていくための、人材・コミュニティ開発 、新規事業・商品開発をしています。これを通じてSDGsやパリ協定の達成に向けた行動を起こし、啓発普及も務めて参ります。

今回は、おうえんフェス実行委員会(代表:高田 洋平)が主催する おうえんフェス2019 にて、SDGsムーブメントを起こす女性たちの応援ブースをプロデュースいたします。
(イベント詳細Facebookページ:https://www.facebook.com/events/324996591513437/

応援フェスとは

おうえんフェスは、おうえんで幸せ溢れる社会を目指し、 一人ひとりが満たされ、強みを活かし、関わり合いながら、 自分らしい一歩を踏み出していく場を全国に提供していくことをコンセプトにしたイベントです。渋谷ヒカリエホールで行われる”おうえんフェス2019”では、 「女性の多様性ある生き方、働き方をおうえん」をコンセプトに 全国の女性の自分らしい一歩を踏み出す場を構築していきます。
(“おうえんフェス”公式サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/ouenfes

開催概要

イベント名:おうえんフェス
日時:2019年5月26日(日) 13:00〜20:00
場所:渋谷ヒカリエホール

参加費:通常3000円→【限定50枚】下記Facebookイベントページからお申し込みの方に限り無料
※メッセンジャーにて無料チケットをお渡しいたします
※該当Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/324996591513437/

参加団体:
Kai Today合同会社(自然環境・社会課題/代表:髙梨 美佳)
Educate For Just Smile(自然環境・社会課題/代表:山本 和奈)
AoI Company (社会課題/代表:奥村 葵)
NPO法人 ピースオブファミリア (社会課題/代表理事:有原 真由美)https://peraichi.com/landing_pages/view/pof 
オムニハーツ株式会社(自然環境・社会課題/代表:福田 美智子)
※順不同

Kai todayプロデュースによる「SDGsムーブメントを起こす女性たちの応援ブース」の設営

熱い思いをもった女性起業家たちと出会う機会を創出することで、小さな可能性同士が結ばれ、大きなビジョンに近づく一歩を踏み出せる場作りを目指します。来場者による応援方法は、来場者スキル提供・ドネーション・SNSなどを想定しております。
上記参加団体とこれを通じて、SDGsや自然環境・社会課題に興味を持つ、一般参加者を増やし、皆でSDGs・パリ協定への解決につながる行動にを起こすことも目的としています。
この活動をご一緒に盛り上げていただける企業さまの応援も募っております。

各参加団体との対話タイムスケジュールはSNSをご覧ください。
(イベント詳細ページ:http://kaitoday.jp/2019/05/18/sdgs-produce190526

「SDGsムーブメントを起こす女性たちの応援ブース」応援内容詳細

ドネーション:応援フェスふくめた各団体の活動費用としてシェアさせていただきます。

スキル提供:応援フェス含めた各団体の今後の活動に必要なイベント開催などの場の提供やスキル提供の情報をいただき、マッチングさせていただきます。

Kai Todayについて

Kai Todayは、企業や団体に、SDGsやパリ協定の必要性を広める行動を起こす場づくりを実施しています。このほかにも親子向け、社内向けにも場づくりをプロデュースをしています。
「社会と地球の調和を保ちたい」
「小さくても、今自分ができることの可能性を信じる人を多くしたい」
この思いに共感いただける皆さまの応援を心よりお待ちしております。
(“Kai Today 有限会社”公式サイト:http://kaitoday.jp/

Kai Today 有限会社 CEO 髙梨 美佳 コメント

Kai Today合同会社は、「社会と地球環境の調和を保つために・・・小さくても、今自分ができることの可能性を信じる」をスローガンにして、関わった皆が、日々変化する現代社会や生命・自然環境のなかで、幸せに生きていくために下記の事業に取り組んでいます。

 

・社会や地球環境に淘汰されないための、新規事業・商品開発をコーディネートする事業

 

・社会・生命・自然環境へ負荷を生まないための人材育成・コミュニティ作成をサポートする事業

 

・SDGsやパリ協定の達成に向けた行動を起こし、啓発普及をする事業

 

上記を通じてどんな環境化であっても、今目の前にある希望の灯火を消さない力を個が持ち、個を認め合い、できることを共有し、助け合える力で、生命・自然・社会のより良い未来を皆でつくることを目指します。

 

今回は、おうえんフェス実行委員会(代表:高田洋平)が主催する 応援フェス2019 内にて、SDGsムーブメン トを起こす女性たちの応援ブースをプロデュースし、自分にある小さな可能性を信じ、見たい世界へ向かう女性を増やすための一歩を踏み出す場をつくります。

 

皆さんが生きる中で感じる社会や自然環境による負荷のなかでも幸せに生きつづけられるため、また、社会や地球に何かしたいという方が、自身でもすぐに行動が起こせることに気がつけるために。 今それに向けて行動を起こしている、社会起業家、NGO、NPO、団体の女性代表を集め、対話する機会をつくります。

 

大きなビジョンを持つ女性はとても強く、たくましく、キラキラしたように見えますが一方で、その脳裏には不安や恐怖心をも持っている事でしょう。しかしそれでもビジョンに向かって走っていける方にはある共通点がありました。それは自分の小さな可能性と、すぐそばに生まれた小さな可能性に気づき、信じる力です。

 

彼女たちが今いる環境と向き合う中で感じた負荷や、そのアップデート方法など様々な話を共有することにより、参加者の皆様ご自身に気づきが生まれ、また行動できる場をつくり、”自分を大切に幸せに生きることを切り開く”自分を手に入れるきっかけとなる場を、今回ブースのプロデュースという形で実現させていただくことができそうです。

 

明日何があってもあなた自身が幸せに生きられるように。 自分の社会や世界未来は自分でつくれる可能性も持ち帰ってもらえる機会としていただければ幸いです。 ぜひこの日自分自身を応援するために、いまそこに向き合っている彼女たちに会いにきてください。

 

また、この日気づきを得ていただけた皆様には、彼女たちに向けた応援という形で行動に繋げていただけますと何よりです。彼女たちと肩を並べ、同志として共に社会や地球にできることを推進していきませんか?

 

多くの方のご来場をお待ちしています。

参加団体詳細(順不同)

Just Smile代表・創立者 / Educate For代表 / Voice Up Japan代表 / KMLAB CEO(立ち上げ中)
代表 山本 和奈氏

幼少期をシンガポールで過ごし、インターナショナルスクール卒業後国際基督教大学へ入学。

経済学と国際関係学を専攻しながら南米チリ・カトリカ大学に留学。

南米留学中教育格差や難民支援に関わりたいと思いEducate Forを立ち上げ、「ソーシャルインパクト」を重視した起業やプロジェクトを次々と始めた。

高校在学中に社会問題や貧困を教えられ、大学に入ってからさらに格差やエシカルの問題を知り「社会を変えるには教育から変える必要がある」そういった思いからEducate Forを立ち上げ、さらには環境に優しい竹歯ブラシを販売するJust Smileを起業、今はエシカルファッションブランドを展開中。

2019年になり「SPA!やりたい女子学生ランキング」に対する署名活動、そして今までにない「対談」という形で始めた抗議運動によりメディアに注目を集め、「声をあげにくい社会で声を上げる」「#MeToo」運動と共に活動する「VoiceUpJapan」を立ち上げた。

【特に応援いただきたい内容】
Educate For : 準備資金・参加者
Just Smile;歯ブラシ販売

AoI Company代表/向日葵助産院院長
代表者名 奥村 葵氏

https://mamap.family

【経歴】
2005年 看護師国家試験取得 循環器内科看護師・産婦人科看護師
2012年 助産師国家試験取得 産婦人科病棟勤務
2014年 産業能率大学現代マネジメント学科卒業
2017年 AoI Company創業
2018年 SBI大学院大学アントレプレナー専攻卒業/MBA取得 向日葵助産院設立
その他 産後ケア宿泊施設・電話相談サービス、ナーシングドゥーラによる産後訪問活動において産後ケアに従事。

【受賞歴】
2017年「九州大学ビジネスプランコンテストQAN賞」
2018年「地域クラウド交流会優勝」「Tokyo Startup Gateway 2018セミファイナリスト」など、皆さまに共感いただき、さまざまな領域で活動更新中

「家族みんなが笑顔で暮らせる世の中をつくりたい」という一心で活動中。

その原動力となっているのは、紛れもなく私自身の原体験。

子どもの頃に養育母子生活支援施設(旧母子寮)に住んでいた期間があり、何らかの事情で入居していた隣人たちから潜在的に影響を受け、大人になるにつれ児童虐待防止に関心が高まる。

また、総合病院勤務時代には過労やハラスメントから、重度うつ病経験もあった中で、メンタルヘルス分野にも関心を持つ。

現在は医療者と悩んでいるママをLINEでつなぐサービス「ママとナースの赤ちゃん相談室」と、育児お役立ち情報サイト「ママっぷ」を立ち上げ、他にも産後ママに必要とされるサービスを構築中。

【特に応援いただきたい内容】
準備資金
サイト・LINE相談の拡散
一緒にYouTubeに出てくれる専門職の参画

NPO法人 ピースオブファミリア
代表理事 有原 真由美氏

大自然に囲まれた小さな田舎町で育つ。小学校の同級生は4人。
都会に憧れ、高校卒業と同時に上京。

あることがキッカケで「自分は生きている意味も価値もない」と絶望し人生を終りにしよう」とする。
しかし、「人には使命があって生まれいるから自ら命はたってはいけない」と諭され、思い留まるも毎日が苦しく生きるのがやっと。そんな時に一冊の本に出会う。

やっと人生に光の希望が見え、大手企業に就職するも、次は鬱になる。再度人生に絶望する。心理学の学校へ
心理学の友達の紹介で児童養護施設の子供達と出会う。

*児童養護施設とは、親に虐待や育児放棄(ネグレクト)など様々な事情で親元で暮らせない子供達が暮らしている施設

自己肯定感が低く生きる価値がないと思っていた私をただ行くだけで喜んでくれる。笑顔になり、待ってくれている子供達。その存在に心が救われる。生きる希望を持つ。

その後、施設の子供達の置かれた現実を知る。

高校卒業して18歳になったら施設を出なくてはいけない。
親にも頼れない為、住込みの仕事に就く事が多い。(仕事=住む場所)
仕事を辞めるとあの子達は住む場所を失う為、あの子達はホームレスに直結する。

どうして、この子達ばかりが…
私に何が出来んだろ…
「住む場所さえあれば、この子達を護れるのでは…」

今年、1月に念願のシェアハウス1号を運営管理を始める。

【その他の活動実績】
夏休みに子供達の夢のディズニーランドに招待する「スマイルプロジェクト」を発足実施。ハロウィン、クリスマス会、仮装ボーリング大会、ハイキング&バーベキューetc

【今後の予定】
ディズニーランド、キッザニア招待、仮装ボーリング大会など開催予定。

障害者支援団体と協力

施設を退園後の子供達の為のシェアハウスの運営。

【特に応援いただきたい内容】
・活動資金の応援・空家を貸して欲しい・イベントのお手伝い・サポーター会員募集中!

あなたの出来ること、得意なことで、お手伝いをお願いします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/pof

オムニハーツ株式会社(来年2月登記予定)
福田 美智子氏

【活動内容含めたプロフィール】
立教大学経済学部経営学科卒

大学卒業後、自然派化粧品会社でのインストラクター職を経験した後、結婚し主婦をしていたが離婚を機に、起業を決意。

2016年、Apple Japanに勤務しながら、地球環境問題に関心を持ち、そのテーマでの起業を決意。

2017年10月、エレクトロテクノ合同会社を立ち上げ、太陽光発電事業を開始。

2019年現在は、海洋ゴミをリサイクルした衣料品のサーキュラーサービスを構想し、アパレルビジネスの学校で勉強中。

2020年の株式会社立ち上げに向け、準備中。

※サーキュラーサービスとは、造語で、海洋ゴミからつくられたリサイクルポリエステルでスポーツアパレル製品をつくり、レンタル回収してリサイクルの循環に戻す事を目的とした言葉。

【特に応援いただきたい内容】
準備資金
(10月の展示会に向けたアパレルサンプルの作成費)