· 

『 SDGs無人島・離島研修 』企業・学校・自治体向けに販売開始


Kai Today合同会社は、地球・社会の調和を保つイノベーション(新規商品・事業)創出を実施する人材・組織開発を、時代にあった多種多様なプロデューサーと独自のプログラムをつくり、実施しています。

 

Kai Today合同会社(CEO:髙梨 美佳)は、世界、国家より啓発されている『SDGs』や『パリ協定』などの達成に向けた行動を実施できる人材・組織を増やすことを目的とし、無人島を活用し旅行事業、企業研修・教育事業を手掛ける(株)ジョブライブ(代表取締役:梶 海斗)と『 SDGs 無人島・離島研修 』を共同開発いたしました。

 

和歌山経済新聞社さまはじめ、メディアの掲載をいただきました、ほか多くのメディアの皆さまありがとうございます。(メディア掲載:和歌山経済新聞社)


『 SDGs 無人島・離島研修 』は、現在から、2030年までに予想されている、自然災害や社会の負荷から起こる地球や社会の現状や変化に気づくための研修です。

社会から離れた無人島や離島は、これから日本でも起こるとされている水不足や、不安定な食の供給下で生き延びる体験などをリアルに体感・実感できる場です。

また、自然と人しか介さない無人島や離島では、経済圏発展前の、生命と自然だけで生きる体験ができます。

また、防災体験としてもご活用いただけます。

 

なぜ、SDGs や、パリ協定の達成に向けた行動が必要なのか。

なぜ、生命・自然・社会に良い商品・サービス・行動を創出することが必要なのか。

その本質を捉え、自分ごとにして行動を起こす、人材・組織開発を実施する研修です。

 

海、山、砂浜、気温。その触れている生命・自然環境が今どうなっているのか。

青い海から見える、丸い水平線の先で起こっている地球環境はどうなっているか。

私たちの社会は、いま、何を創出しているのか。

本質を捉えた人材や組織は、決して表面的な取り組みではなく、それを解決するための、根本的な取り組みを実施しようとすることでしょう。

その本質を捉えた取り組みをするためには、その必要性を実感・体感いただくことが大切であると当社では考えています。無人島・離島はまさにそれを感じる最高の環境です。


〜実施内容〜

『SDGs 無人島・離島研修』では、現在から、2030年までに予想されている、自然災害や社会の負荷から起こる地球の状況を、実感・体感します。

社会から離れた無人島や離島は、これから日本でも起こるとされている水不足や、不安定な食の共有下で生き延びる体験をリアルに体感できる場です。

また、自然と人しか介さない、無人島や離島は、経済圏発展前の、生命と自然だけで生きる体験ができます。

あらためて自然に生かされていることを、実感し、いまの私たちの社会と比較いただき、これからの地球で、サスティナビリティを保つ生きる手段とは何か? という問いを組織に持ち帰っていただきます。

その体験から、「持続可能な開発をしよう!」と、明日から、これからの地球で生きつづけるための、自身や組織、社会づくりを、生活や企業活動を通じて行動いただきます。

 

SDGs の達成への道では、誰を、何を、救うことが優先なのでしょうか。

誰を、何をではなく。

まず、2030年、自身がどのような状況下に生きているのか。

ここに気づき、自身が生き続けるためには、いまどんな行動からはじめられるのか。

まずは自分ごとに落とし込み、改善策をブレストし、不完全でも、小さくても、すぐに出来ることから、行動を起こす。

その行動から始めることが、SDGs や、パリ協定への達成の近道ではないかと、当社では考えています。


地球・社会の変化に気づく・『SDGs 無人島・離島研修』は、無人島プロジェクトを運営する(株)ジョブライブ社と共同開発をした研修です。

(株)ジョブライブ社が提供する、企業・学校・自治体向けの人材・組織開発研修プログラムで得られる以下内容も組み込まれています。

 

〜(株)ジョブライブ社が提供する「生きるを学ぶ」人材・組織開発研修プログラムで得られる力〜

「生きるために誰かと助け合う」力 チームの可能性を信じ、高め合うチームビルディング

1 自分にできること。周りの誰かができることを、見つけることができる

2 自分や、周りの誰かの できる力 を信じることができる

3 そのできる力を生かせるように助け合うことができる

 

「限られた資源に感謝し、「ある」にフォーカスしたクリエイティビティを生かしながら生きる」力 あるものを最大限に生かすクリエイティブの力

1 生命・自然の命。漂着物。限られた環境のなかに「ある」ことやものにフォーカスし、見つけることができる

2クリエイティビティを働かせ、「ある」ことやものを最大限に活用することができる

3限られた生命・自然の命をいただくこと、「ある」ことやものに感謝することができる

 

「コトやモノの”本質”を見つめ、考え・行動する力」

1限られた資源のなかで生きることで、普段のわたしたち社会に溢れていることや、ものを見つけることができる

2限られた資源のなかで生きることで、いまの自身を満たすものや、ことは何なのかを考えることができる

3本当に必要なことやものを優先し、それを生かすことができる

 

「人材は経営の要。」です。

SDGs や、パリ協定を達成するための、持続可能性な人材・組織をつくりましょう!


地球・社会の変化に気づく・『SDGs 無人島・離島研修』はこちらよりお申し込みください

●申込方法

 

CONTACT よりお申し込みください


●概要

無人島もしくは離島での野外研修、その前に、御事業所、もしくは、御校にて、チェックイン研修を実施いたします。

【チェックイン研修】

Step1 地球・社会の調和を保つ必要性を知る・理解する『地球・社会課題認識講演・ワークショップ』

Step2 地球・社会の調和を保つための課題解決を、企業(学校、自治体)経営で実践する『ESIプロトタイピング実践研修』-マインドセットプログラム

【野外研修】

Step3 地球・社会の変化に気づく・『SDGs無人島・離島研修』

【フォローアップ研修】

Step4 地球・社会の調和を保つための課題解決を、企業(学校、自治体)経営で実践する『ESIプロトタイピング実践研修』- 組織の抱える課題や、SDGsや、パリ協定達成への行動ステージに合わせてオーダーメイドで研修内容をおつくりします


●プラン

●ミニマムプラン
【研修工程数・実施場所】
無人島研修 1泊2日 1回 和歌山県有田市・地ノ島 ※悪天候時、事前ご相談にて決定したプランBを実施

チェックイン研修 1日 1回 御事業所、もしくは、御校にて無人島研修の前に実施

【開催期間】
4月~6月 / 9月~10月末

【金額】
1人 / ¥39,000+消費税+交通費(インストラクター・講師【要】同行人数分)〜 ※40名さま〜 / ベストな人数 86名 ※ご相談によっては20名さま〜可能です

 

 

●スタンダード(オーダーメイド)プラン
【研修工程数・実施場所】
無人島・離島研修 1泊2日〜 1回 国内外の無人島もしくは離島※悪天候時、事前ご相談にて決定したプランBを実施

チェックイン&フォローアップ研修 1日 2回 御事業所、もしくは、御校にて実施 ※無人島・離島研修の前後

【開催期間】
通年

【金額】
1人 / ¥68,000〜+消費税+交通費(インストラクター・講師【要】同行人数分)〜 ※25名さま〜 / ベストな人数 86名 ※ご相談によっては20名さま〜可能です